意志あるところに道はある

私の座右の銘は2つある。

昨年までは、道楽「道を楽しむ」であった。

「意志あるところに道はある(Where there is a will, there is a way.)」

今年活躍した女子プロゴルファー宮里藍選手の座右の銘がこれである。
彼女に関心したのは、このエピソードである。

ミズノ・クラシック直前に行われたテレビマッチで、女王アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)と一緒にプレーする機会に恵まれました。
そこで、アニカに質問したそうです。

「以前の私はバーディが続くと、“こんなにいいことが続くはずはない。どこかに落とし穴があるのでは?”と自分で自分にブレーキをかけていた部分があったんです。でもアニカにはそれがない。どうすればアニカみたいにいい流れを最後まで続けられるのか? それが一番聞きたかったことでした」。

アニカの答えは「そういうときこそ、自分を信じることが大事」というものだった。「自分を信じれば18ホール、すべてバーディを奪うことだって可能。私はそう思っているの」(アニカ)

自分を信じる。それが宮里藍選手の意志なのではないでしょうか?

いつも彼女を見ると、もうちょっと、やってみよう!と私に行動する勇気を与えてくれます。

それゆえに、今年から私の座右の銘が2つになりました。

「道を楽しむ(道楽)」
「意志あるところに道はある(Where there is a will, there is a way.)」

カテゴリー未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です