Apple、iOS 5とiCloud、音楽クラウド「iTunes Match」を発表

米Appleは6月6日(現地時間)に、開発者向けイベント「World Wide Developpers Conference」で次世代モバイルOS「iOS 5」やクラウドサービス「iCloud」、音楽クラウドサービス「iTunes Match」、新Mac OS X「Lion」を披露しました。

私が一番気に入ったのは、iPhoneのロックスクリーンにカメラボタンがついた事。
先日、旅先でセグウェイに乗ったのですが、乗りながら動画をとるのに失敗。
こんなことも減るかもしれませんね。

日々サービスをアップデートするアップル。
自分の仕事スタイルなども、小さくてもいいので、アップデートする習慣と改めて実感。

転職ブラック企業の見抜き方(Y! news)から学ぶ

プレジデント 1月11日(火)10時30分配信のヤフーニュースに、こんな刺激的なトピックスがあった。

転職ブラック企業の見抜き方

求人情報から見抜く方法がある。注意すべきは5点だ。
1.求人広告を常に掲載している
2.ハードルの低さが強調されている
3.給与が異常に高い
4.仕事内容が「よくわからない横文字」である
5.社員数に対して、求人数が多い
 入社希望者がなかなか集まらない企業は、大げさな情報を流す。仮に高い給与が掲示されていたとしても、ハードワークであるか、高い歩合給が設定されている可能性が高い。

 ウェブサイトを見る際は、次の3点をチェックしよう。
1.ホームページが稚拙である
2.「良い社風」だけが強調されている
3.ネット上で「ブラック」の噂がたっている
 例えば、ウェブサイトに「仕事も遊びも全力投球」というようなメッセージとともに、にっこり笑った若手社員の集合写真が掲載されている企業は要注意だ。それ以外にアピールできる要素がないことを疑ったほうがいい。
 また、グーグルなどで該当企業を検索し、「他のキーワード」として「評判」「2ch」「どうよ」などの言葉が表示されたら、完全にブラックである。

 応募の過程でわからなかったとしても、人事担当者や面接官の態度が以下の3点に該当したら、危険信号だ。
1.応募者への配慮が足りない
2.事業や業務内容の説明があいまい
3.面接回数が少ない。面接時間が短い。面接中雑談ばかり。スケジュールに余裕がなく、次の選考を受けるように急かされる
「頭数さえ揃えば誰でもいい」という考えは、面接官の態度に表れるのだ。

SOHOで仕事を受注する際でも、サイト上でどのようにチェックするか?応募のやり取りのでの注意点など、参考になる。つまり、リスク管理をどうするか?が重要になる。

私の経験談になるが、ネットバブルやリーマンショックの煽りを受けて、取引先が倒産した経験もある。依頼した仕事がパーになった。また、詐欺まがいで倫理的に同意できないことがわかり、途中で仕事をキャンセルした経験もある。

リアル/ネットに関わらず、どのような相手と仕事をするのか?という軸を明確にすることが大切であるこを改めて感じました。

Apple Keynote-The “1984” Ad Introductionに思う

久々に、林信行さんの著書、「スティーブ・ジョブズ 成功を導く言葉」を再読。

この本を読むと、あの伝説のCM”1984″を思い出す。

なぜ、ビッグブラザーに立ち向かうのか?
志は、なんなのか?
どのように、生きたいのか?

そんな言葉が頭をよぎります。

同時に思うのが、月と六ペンス。夢と現実について。

両方あって、それがよい!となんとなく思っています。

お客さんがお休みのときこそ準備する!

今日は土曜日。

静かなオフィスで仕事をしています。
人がいないと寂しいが、人がいないのも嬉しい。

お客様やスタッフの顔を思い浮かべながら、考え事。
あのお客さんには、こういうことを伝えたい。とか、
ニヤニヤしながらプランニングと現在の事業のチェック。

こういう時間は、とても居心地が良い。
だれもいないが、繋がっている感じがする。

ちなみに、これから、動画の撮影でバタバタします。
一時の静寂を楽しみながら・・・

今日はすばらしい♪

GTDで仕事も生活も快適に・・・

GTDをやり始めて、7年位になります。
毎年、自分なりにカスタマイズしております。カスタマイズするタイミングは
いつも、仕事がステップアップするときのようです。

いままでのやり方では、どうにもならない。
そんなときに、試行錯誤の結果として、
カスタマイズという名のアップデートがされるようです。

日々の考え方もこういうタイミングでアップデートしたいものです。

■GTDとは
http://ja.wikipedia.org/wiki/Getting_Things_Done

伝言を頼む!

今週は、祝日が多く、クライアントとコンタクトをとるのにも一苦労ですね。メールを出しても、メールボックスに埋没してしまうかもしれません。

大切なお客様には、一度電話で、不在の場合は、言付けをお願いしましょう。

「メールをお送りしますので、ご確認くださいとご伝言おねがいします。」

Excel 曜日を表示する。(エクセル術)

私は、macを使っているのですが、windowsでも忘れてしまうので、備忘録としてコンパクトに・・・

日付データを、表示形式を使うことによって、曜日を表示することが可能です。

(1)日付が入力されたセル範囲を選択し、右クリック後、[セルの書式設定]をクリックします。そうすると、セルの表示設定のWindowが現れます。

(2)[表示形式]タブを選択後、[分類]で「ユーザー定義」を選択します。

(3)「ユーザー定義」は、表示形式を自由自在に設定できます。デフォルトでもいろいろあるので、見てみましょう。
[種類]の欄に、
「aaa」と入力すると、「日」
「aaaa」と入力すると、「日曜日」
と表示されます。

(4)[OK]ボタンをクリックで完了。

Excelで曜日を表示するには、[セルの書式設定]>[表示形式]タブ>[種類]に「aaa」

職務経歴書をアップデート(心の叫び→手書きvsタイプ って何だ?)

私事のルールにしておりますが、
4月に職務経歴書のアップデートをしています。

なぜ、この次期かというと理由は2つあります。

(1)3ヶ月が経過し、パーソナル的なもの、会社、家庭と年末年始に立てた目標のブレ
を見直すには、ちょうど良い。

(2)年度の始まりということで、年度末の駆け込み仕事を納品して、ほっと一息(ホントか?)
また、始まりの月なので、心理的に再スタートしやすい。

本日は、そのアップデートの日です。

私は、IT*マーケテリィング*事業開発*地域ビジネス*働き方*医療*教育を
掛け合わせた仕事をしています。
業務経歴がバラバラで自分としては素敵なのだが、人に応じて、目立たせたい
場所を変えたいときには、いつもアレンジが必要です。

googleで「業務経歴書の書き方」と検索してみたら、
転職サイトのコンテンツでも多く掲載されています。
チェックしてみると、なんと、手書きとタイプどちらが良い?
というコンテンツがあった。

いままで、手書きしたことないぞ!とびっくりしました。

簡単に言うと、
・履歴書は手書き→誠意が伝わる
・業務経歴書は、タイプ→読みやすい

システム関連の会社にいると、みなタイプだね。
流通系にいるときは、手書きが多かった。

参考サイト:履歴書・職務経歴書 書き方マスターガイド

マザーズハローワーク・サービスの拠点を拡充!

平成22年4月9日の厚労省の報道資料によると、お母さん向けのハローワークサービスが拡充されるとのこと。

個人的には、ボランティアや仕事は、社会との接点のひとつと考えています。

家庭の事情で仕事につけないこともあるかと思いますが、思い立ったときに仕事につけるインフラも必要だと考えています。ジョブチャンネルでは足りませんが、その一つと認識していただければ幸いです。

厚生労働省では、子育てをしながら就職を希望している方に対して、個々の希望やニーズに応じたきめ細かな就職支援を行うためのマザーズハローワーク・サービスを実施していますが、本年度は、全国15カ所に順次「マザーズコーナー」を増設し、サービスのさらなる充実を図ります。(平成21年度148カ所→平成22年度163カ所)

「マザーズハローワーク」は、マザーズハローワーク・サービスを専門的に行うめに、一般のハローワークとは別の庁舎に設けられた相談窓口であり、平成18年以来全国に12カ所に設置されています。

 「マザーズサロン」は「マザーズハローワーク」よりも小規模の相談窓口であり、「マザーズコーナー」はさらに小規模な相談窓口ですが、どちらも通常、一般のハローワーク内に設けられております。「マザーズサロン」は平成19年度以来全国36カ所、「マザーズコーナー」は平成20年度以来全国に100カ所に設置されています。

参考URL:
報道発表内容
ハローワークでの求人検索