落ち込んでから、復活するまでの自分の行動記録(記憶)

スポンサーリンク

高校時代、自分のテンションがアップしたりダウンしたりしていて、自分自身が戸惑った記憶がある。外面はよいので、当時の彼女とか友達にちょっと強く言ったりして、その後に嫌な気分になったものだ。

嫌な気分になっても、風呂には入るし、食事もしていたい。

そして、どこかのタイミングで復活(落ち込んでいない)状態になっていた。

大学から社会人3年目くらいまでは、落ち込んでから復活したと思ったタイミングに、どのような行動が復活する気かっけを作ったかを記録もしていた。(あくまでも主観なので、根拠はありません)

起こっている事実に対して、自らの解釈が自分の中で受け入れられない(コンフォートゾーンの外)ときに、ダウンするようだと頭でわかっていても、落ちるときは落ちる。

備忘録として、少しずつアップしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です