Apple Keynote-The “1984” Ad Introductionに思う

久々に、林信行さんの著書、「スティーブ・ジョブズ 成功を導く言葉」を再読。

この本を読むと、あの伝説のCM”1984″を思い出す。

なぜ、ビッグブラザーに立ち向かうのか?
志は、なんなのか?
どのように、生きたいのか?

そんな言葉が頭をよぎります。

同時に思うのが、月と六ペンス。夢と現実について。

両方あって、それがよい!となんとなく思っています。