言葉はブーメラン(阿木燿子さん)

山形新聞、山形放送が主催する「やましんレディースセミナー」で阿木燿子さんが講演された内容の記事が山形新聞(2008/6/20朝刊)に掲載されていた。

思わず、コピーをして、手帳にはってみたが、ブログにもちょこっとおすそ分け。

言葉の本質はブーメランであり、自分の口から出た言葉は必ず自分に戻ってくる。「めでたい」「楽しい」「幸せ」を口癖にしてほしい。言葉はすごいパワーを持っている。中でも「ありがとう」「ごめんなさい」は、魂も肉体も癒やしてくれる言葉だ。主人は日に少なくとも十回、「あなたはかわいい」と言ってくれるし、わたしも同じ数だけ「あなたはすてきよ」と言い返している。花を一輪ずつ贈るように、何か勇気が出る言葉を一番身近な人に差し上げていただきたい。

恐るべし、宇崎竜童。私もこんなあり方をしたいと思う。。

家族にも、会社のメンバーにも、クライアントにも、そのお客様にも、勇気が出る言葉を送ろう!

しかし、引用しすぎだな。こりゃ。。。

こんな本もいいですね。

でもやっぱり、阿木燿子といえば、百恵さんですよね。

上り下りの新幹線で販売されているコーヒーの違いがわかる男!

今日は、1週間ぶりの出張!

またまた、JR東日本の新幹線に乗る。
JR東日本グループの通販カタログ「Train Shop 2008/6,7月号 Vol.43」にこんな告知があった。

「列車内販売のコーヒーが、新しく美味しくなりました」

お客様代表の皆様と、コーヒーの専門家に2種類の豆を選定していただき、新幹線車内では、上り列車・下り列車で違った味が楽しめるようになりました。

そんなこと言われると、ついコーヒーを買ってしまう。

はたして、私に味の違いがわかるかは別として、おそらく帰りも別の味を試す意味で買うだろう。
それでなくても、新幹線でコーヒーフロートを作るくらいなので、買うのだが・・・(笑)

JR東日本は、こんな気配りをしているにも関わらず、何かが抜けている。
それは、顧客に伝えていないこと。
通販カタログに載せているものの、グリーン車ぐらいにしかカタログが置いていない。
仮に10車両のうち1車両がグリーンとすると、1/10の人にしか伝える手段がない。
ましてや、カタログで見つける奇特な人(私)みないなモノは、少数であろう。

さら、販売員のお姉さんに質問しても、豆が違って、メーカーが違うとの回答。

「味の違いは、どうなんですか?」と聞いてみても、よくわからない様子。

ちょっと、残念。
これなら、上りと下りの2つの味にする意味がわからない。
おそらく、いろいろ考えて、付加価値をつけたのだろうと思う。

価値を伝える手段はたくさんあると思う。

1.社内アナウンスで上りと下りでは、豆の風味はどう違うか?など説明してはどうだろうか?

2.販売ワゴンにも、「下り列車専用 ●●豆焙煎 苦味が仕事や読書に最適なコーヒーです」といったポップやステッカーを張るのはどうだろうか?

ただ、コーヒーは豆のひき方や入れ方で味が変わるので、そこまで書けないのかな?とも思ったりします。

スタバなどのコーヒーショップと勝負しても意味がないかもしれないが、JR東日本はお客様のことをかんがえているよ!のメッセージとして、上下の列車でのコーヒーの味の違いを伝えてほしいものだ。

人の会社の心配をしても仕方ないが、自分の会社でもこうしよう!あーもできると思う始発の新幹線でした。

今日のサタケの学び:商品の価値や企画した人の思いが、顧客のハートに届くように伝えよう!

田原総一朗流「情報収集術」

書斎の整理していたら、雑誌「プレジデント 2007.3.19」が見つかった。

ブログにアップしている方が、私自身の目に触れやすいので、転載します。

田原総一朗流「情報収集術」

1.1次情報にアクセスする
2.新聞やテレビの情報は鵜呑みにしない
3.取材相手に徹底的に惚れよ
4.情報の獲得はギブ・アンド・テイク
5.新幹線や飛行機の中は書斎代わり

私の場合、結構主観で、自分の都合のよい方にものを見る傾向があるようだ。
それが、的を得ているときが多いと思っているから、始末が悪い。
的を得ているときと、得ていないときの違いは、自分に対するゆとりであったり、
正直さである。悩んでいても、自分自身に正直なときは、結構、的を得ている。

ただ、いつも自分自身に正直であるわけではないので、
仕事でも、プライベートでも、当事者にヒアリングするように心掛けている。
事実は同じでも伝わり方の違いで、別の解釈をしてしまうことがある。

ファクトは何か?その本質はなにか?

これを意識して、MYライフをクリエイトしようと思います。(こりゃ、ルー語だな)