夏の自由研究には、空気砲

先日、夏休み中の姪っ子と一緒に、自由研究の題材を考えていました。

私のころは、図書館にいって調べ物をしましたが、
いまや、ネット。google,Yahoo!で調べまくりです。

そこで気になったのが、空気砲です。
空気の塊を体感および、目で実感するものです。

結構面白い!

アマゾンでドラえもん ひみつ道具を発見!

アニメでは、声優さんが入れ替えて、月日がたっていますが、まだ慣れません。

仕事でも、ずーっと長らくやっていることを変更しようとも思いません。

いつもやっている方法や環境を少し変えてみてはいかがでしょうか?

靴を左から履くとか、いつもと逆で・・・・

そうしたら、いつも見えないものが見えてくるかもしれません。
空気砲で空気を形で見るのと同じように・・・

視点を変える!
仕事も家庭も意識的に視点が変えられたらいいですよね。

悪質商法対策 「見守り新鮮情報」メールマガジン

内閣府がメルマガを出すらしい!

 悪質住宅リフォーム問題など、高齢者の消費者トラブルが深刻化する一方で、消費者問題についての情報は必ずしも高齢者やその家族、高齢者の周りの方々に届いていません。

 こうしたことから、今般、新たに、消費生活相談の現場と高齢福祉の現場とをつなげ高齢者の消費者トラブルの予防、早期発見、拡大防止に当たることとするために悪質商法の新たな手口などを伝えるメールマガジン「見守り新鮮情報」を8月下旬から発行します。

 「見守り新鮮情報」は、消費生活相談の現場でキャッチした警戒を要すると思われる悪質商法についての情報や悪質業者の手口などを、各地の消費生活センターから収集し、編集し、電子メールで発行するものです。

 

ネーミングが、「見守り新鮮情報」?ちょっとイマイチの
ような気もしますが、どんな内容がくるのかちょっと期待しています!
ジョブチャンネルを運営していた結果、悪徳商法やマルチまがいの仕事をする機会はありませんが、ご利用いただいている方からは、初めて仕事をするときは、騙されないか心配なので、大丈夫ですか?と聞かれる場合があります。

ネットだから難しいというのではなく、リアルでも騙されることはあります。

初めての仕事や営業にいくときなどは、必ずといっていいほど、googleで検索。所謂ググるですね。

ビジネスをする上は、自分の責任で相手やビジネスの可能性を見極める目がないといけないなー!といつも思う私でした。失敗はつきものですが、最小限度にしたいものです。

私が悪徳商法に関して参考にしているサイト
・悪徳商法マニアックス
googleで悪徳商法でサーチ
消費者の窓

仮面ライダー一号変身ベルト

バンダイが今年の3月に発売した大人向け玩具の売上げが好調という。

なんと、価格も3万5千円として高額だが、私の世代30~40代を中心に8千個が売れたようです。

の変身ベルトは、スイッチを入れると
ベルト中心部が回転発光(発光ダイオードを搭載)。
音もリアル。
ベルトも本皮。

Waoo!!!

昔買えなかったモノを、今こそ、ホンモノで・・・
そんな商品なんですね。

私の娘は、今、プリキュア・スプラッシュスターにはまっています。
新しいキャラクターが登場すると、必ず変身。装着できるアイテムも出現。

TVの合間のCMでは、その商品がすぐに売られる。

キャラクタービジネスの真髄です。
コンテンツの応用(使いまわし)ですね。

娘には、欲しがるのですが、お金を稼いでから
好きなだけ買いなさい!と伝えています。

娘にとって、プリキュアが巷の仮面ライダーほどのキャラクターになるかが楽しみなところです。

SOHOである私たちの仕事も、自分たちの仕事が他にも価値を生むような仕事が必要だと思います。

たとえば、プログラマーであれば、汎用性の高いオブジェクトをつくっておき、仕事の時間を短縮し、利益率を高める。

私の知り合いでは、フレームワークを自分でつくり、そのシステムをクライアントに導入する。

修正などは、自分に仕事が舞い込んでくるような理想的な仕事をしている方もおります。

もちろん、そのフレームワークを利用した方がいい。価値があると企業が判断したからですが・・・

やっぱり、仕事は親切にですね。