SOHOの皆さん、経営書を読んでいますか?(vol.1)

『SOHOは経営書はあまり必要ない。』と思われている方は要注意です。

SOHOの方は、経営者とも話しをする必要があります。
担当者に気に入られるより、経営者に気に入られたほうが営業も有利に働く場合が多いです。(経験上)

その道で一流のコンサルタントや経営者が執筆している本は最適です。
ハズレはありません。

ハズレがない理由とは・・・・

ちょっと、話は飛びますが、私はクライアントの企業に行くのが好きです。
それは、社長や自分の仕事のキーマンの本棚を見るためです。

どんな本読んでるのかな?
タイトルを見るだけで、その人が興味がある、もしくは必要としている知識がわかります。

つづく

下請けをしない!(vol.7)

 ・相手に楽をさせるをモットーにする(vol.1)
 ・相手のするべき仕事までやってあげる(vol.2)
 ・自分がいないと仕事が進まない!状態までにする(vol.3)
 ・困ったことがあったら、最初に連絡をもらう(vol.4)
 ・やれない仕事は、他の人に振る(vol.5)
 ・報告書をクライアントに渡す。この枚数が実績と信用の証(vol.6)

これら一連の仕掛けは、顧客化です。
SOHOは営業しながら仕事をしなければなりません。

SOHOの仕事を効率的にするには、新規を2割。リピーター8割。
リピーター作りには、顧客化を踏まえた仕事の流れを作る必要があります。

できれば、高いスキルのある企業をクライアントにし、リピーターにすることで、自分も高いスキルを身につけることができます。
だから、顧客化は面白いと思っています。

すべては顧客化するにはどうすればいいか?
それが、ダントツSOHOへ通ずる。

これは、最初から理解して、私がやってきたというわけでわりません。

私の場合、SOHOでWebプロデュースの仕事を始め、
企画のプランニングや会社の立ち上げのサポートをしています。
最近は、ネット通販といった事業も始めした。

ジョブチャンネルをご利用のSOHOさんからの質問などにお答えする中で、今の自分ならどうやってSOHOはじめるか?を考えました。

そこで出た結論は、顧客化をどうするか?です。

まとめるにあたり、石原明先生の勉強会でいろんな経営者の方のお話を聞いて、メモしてある私のマル秘ノートから抜粋し、再編集しました。

■フリーランスやSOHOを豊かにするおすすめ本、メルマガ
石原明先生のメルマガ
  └営業マンは断ることを覚えなさい!
  http://www.mag2.com/m/0000087425.html


—————————————————————
独立・フリーで活躍するための仕事をするヒントはいかがでしたか?
是非、感想およせください!
————————————————————–

下請けをしない!(vol.6)

前回までの、おさらいです。

 ・相手に楽をさせるをモットーにする(vol.1)
 ・相手のするべき仕事までやってあげる(vol.2)
 ・自分がいないと仕事が進まない!状態までにする(vol.3)
 ・困ったことがあったら、最初に連絡をもらう(vol.4)
 ・やれない仕事は、他の人に振る(vol.5)

最後にやることは、依頼が来たものについて、報告書をつくることだ。
人に振っても、自分がやっても、報告書を書くことです。

つまり、実績と信用を書面に残すことです。
人は忘れるものです。貴方は、クライアントをずっと思っていても、クライアントは、貴方のことをいつも思っているわけではありません。

請求書以外の紙で、ちゃんと貴方の存在をアピールできるなんて素敵なことだと思いませんか?

だから、報告書を作る!
■フリーランスやSOHOを豊かにするおすすめ商品

 └クライアント先で突然、わからない言葉が・・・
  そんなときは、電子辞書が解決します。
  携帯電話もいいのですが、コチラのほうが好印象のようです。

—————————————————————
独立・フリーで活躍するための仕事をするヒントはいかがでしたか?
是非、感想およせください!
————————————————————–

下請けをしない!(vol.5)

ちょっと、おさらいです。

 相手に楽をさせる
   ||
 相手のするべき仕事までやってあげる
   ↓
 自分がいないと仕事が進まない!状態までにする
   ↓
 困ったことがあったら、最初に連絡をもらう。

やった!連絡をもらった。仕事になりそうだ。
でも、自分では対応できない。

対応できない理由としては、2つある。
1.自分の専門外もしくは、自分では質が保てない
2.自分ではできるのに、仕事がいっぱいありすぎ、リソースが足りない。

そんなときは、自分よりできる人に振ってあげよう。
お仕事と人脈は、フローの資産である。

溜めると澱む。

ライバルを紹介したからといって、クライアントとの関係があれば、大丈夫!
クライントも、あなたのことをよい人脈をもっていると思う。
また紹介された人もあなたに一目置くようになる。
紹介されると、紹介しないとわるいと思う人が多いようである。

だから・・・
受けれない仕事の依頼は、自分よりできる人に振る。
■フリーランスやSOHOを豊かにするおすすめ商品

 └PCのマウスって、どのくらいで変えますか?
  マウスも進化していますよ。機能的なデザインが増えました♪

—————————————————————
独立・フリーで活躍するための仕事をするヒントはいかがでしたか?
是非、感想およせください!
————————————————————–

下請けをしない!(vol.4)

win-winの関係だとすれば、クライアントは貴方もメンバーの一員として、仕事をすることを前提にスケジュールを組みます。

次にやることとは・・・・

ちょっと困ったことがあれば、最初に連絡をもらうことです。
営業しなくても、お仕事がやってきます。

困ったことがあれば、ケイタイに連絡してねー!
この一言がとても大切です。

でも、やりたくない仕事がきたらどうします?
■フリーランスやSOHOを豊かにするおすすめ商品

 └心にしみ入る澄んだ音感を演出アンプ内蔵スピーカー
  私の事務所でも使っています。遠くからでもきれいに聞こえます♪

—————————————————————
独立・フリーで活躍するための仕事をするヒントはいかがでしたか?
是非、感想およせください!
————————————————————–

下請けをしない!(vol.3)

なぜ、クライアントが本来やるべき仕事まで、やってあげて楽をさせてあげるのか?

その目的とは、自分がいないと仕事が動かない!状態をつくることである。
だから、相手のするべき仕事までやってあげる必要がある。

貴方のクライアントが大企業や地方では大きな商いをしている企業だとします。

そこで働いている社員の方は、日々忙しいので、少しでも楽にしたいと考えます。それは、いっぱい仕事をしてもサラリーが増えないからです。
そんな企業がクライアントなら、是非、仕掛けてみてください。

win-winの関係を紡ぐチャンスです。関係はココから強固にするために、次の施策をしましょう。

自分がいないと仕事が進まない!
これがとても大切です。

次にやることとは・・・・
■フリーランスやSOHOを豊かにするおすすめ商品

 └心にしみ入る澄んだ音感を演出アンプ内蔵スピーカー
  私の事務所でも使っています。遠くからでもきれいに聞こえます♪

—————————————————————
独立・フリーで活躍するための仕事をするヒントはいかがでしたか?
是非、感想およせください!
————————————————————–

下請けをしない!(vol.2)

下請けをしない!
   ||
相手(クライアント)を楽にさせる!

それは、クライアントが本来やるべき仕事まで、やってあげることである。
ムリにする必要はないが、ある目的のためにやる必要がある。

相手(クライアント)を楽にさせる!
これが重要である。
■フリーランスやSOHOを豊かにするおすすめ商品

 └実家にあるのですが、あの揺れ体験しましたか?
  ちょっとリラックスするには最適の一品。
  クライアントだけでなく、自分も楽にさせてあげましょう!

—————————————————————
独立・フリーで活躍するための仕事をするヒントはいかがでしたか?
是非、感想およせください!
————————————————————–

下請けをしない!(vol.1)

実際の仕事が下請けなのかどうかが問題なのではない。
心がけといいうか、スタンスの問題である。

この心がけは、相手(クライアント)に伝わる。
いわゆる、こいつと仕事をするといい感じ!といかに思わせるかである。

コンセプトは、相手(クライアント)を楽にさせる!
■フリーランスやSOHOを豊かにするおすすめ商品

 └窓からの寒さで足元が寒くありませんか?グッドデザイン!

—————————————————————
独立・フリーで活躍するための仕事をするヒントはいかがでしたか?
是非、感想およせください!
—————————————————————

HOHOというワークスタイル

HOHO(His Office Her Office)

夫婦がそれぞれ、自宅をオフィスにして働く生き方(ライフスタイル)。
SOHOに分類されるが、それがさらに進化した形である。

私がこの言葉を知ったのは、日経新聞 夕刊2005年11月19日であった。

・アメリカには2000年に445万人の在宅ワーカーがいた。
・その4分の1強の111万人あまりが55歳以上のシニア世代。 
・リタイヤした夫と妻が自宅に事務所を構えて、
 余暇を利用して好きな活動をするスタイルが注目されている。

土地が広いアメリカだからと思う必要もないだろう。
今は、blogと電話だけで仕事をしているコーチもいるぐらいである。

ただ、どんなスキルを持つか、自分ブランドがさらに重要になる時代であろう。

これからは、セルフブランディングに特化したコンサルタントが脚光をあびるであろう!■関連おすすめメルマガ
魔法の質問
└私の友人のマツダさんが発行。質問がメールで毎日きます。本の出版されています。

■HOHO、SOHOを豊かにするおすすめ商品

  └やっぱり、椅子って大事です。私はつかってます。

  └冬は、湿度が大切。風邪の予防のためにもですね。

・マツダさんの本

検索キーワードからみる人の動きとは・・・

明けましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願いします。

ネットの仕事をしていると、検索キーワードが気になります。検索キーワードから世の中の動向もわかるのが怖い感じがします。

昔は、情報を早くキャッチするかが勝負でした。しかも情報はある特定の人にしか入ってこない。

現在は、ネットの効果もあり、一般の私たちでもある程度知ることができるようになりました。今年からは、ブロードバンドの時代といわれています。伝える情報も文章から動画の時代に移行しつつあります。

私の今年の目標は、ブロードバンド時代に突入する前にコンテンツを蓄積することです。

話は、脱線してしまいましたが、先日、overtureのカレンダーを広告代理店の方に頂きました。

1月に人気の検索キーワード

確定申告
センター試験
・温泉
・スキー場
・贈物
・高校サッカー
・インフルエンザ

そろそろ確定申告の季節になってきましたね。

オススメサイト等も紹介していこうと思います。