SOHOだから出版を・・・

こう考えいている方もおおいのではないでしょうか?

私の知り合いにも本を出したい!というかたが多いのにびっくりします。

起業をするより、本を出したい人の方が多いと思っています。

この数年前の差別化のポイントは、
1.自分でサイトを持っている
2.メルマガを発行している

つまり、サイトのPV数やユニークビジター数、メルマガの登録数でした。

最近は、
1.ブログのトラックバックやコメント数

そして、究極は、出版する

仕事のステージが変わり、本当に、びっくりするくらい人生が変わるそうです。
ロックノーブルの岩元と元アマゾンのカリスマバイヤー土井さんが
6月3日金曜日『実戦!出版成功セミナー』
をやるそうです。

注目しているお二人のセミナー。とても楽しみです。

ハッピー

昔感じなかったが、新緑がまぶしい。

30年前通った、山形県かみのやま市にある北保育園はさら地に。

続ける事の意味を考える。また、そんなことを考える年になったのかな?

まだまだ、全快バリバリ(←これって古い)でやっていこうと思った。

私の会社は、山形のかみのやま温泉で「日通マイホーム」というお店をしています。
食品日用雑貨のディスカウント店なんです。
今年のGWは長期お休み。

お出かけの前後の朝と夕方は混むのでありがたいことです。
愛されるお店は、経営者がつくるのではなく、お客さんがつくるものです。

ウェブサイトも同じです。サイトに訪問してくれる方がサイトを作っていきます。
このジョブチャンネルもSOHOの方がつくっているサイトと私は思っております。

企業がお仕事掲示に依頼するのも、ジョブチャンネルを通して仕事をした方のスキルや人間性があってこそ。それがなければ、二度と企業の方は仕事を依頼しません。

逆も真なり。

掲載しているお仕事情報に偽りがあって、それにだまされるとSOHOさんは、ジョブチャンネルから離れていきます。ましては、いまはネットの時代。そんな企業があれば、BBSやブログ等であそこはやばい!と書込みが多くなるでしょう。

いろんな形態であっても、私が考える「環境からお客さんのQOLを向上させる」という精神は一致していると改めて思いました。

いい商品を届けたい。
いいお仕事を届けたい。

そして、ハッピーになってもらいたい。
その笑顔で、自分もハッピーだと感じれれば、それほどうれしいことはない。

取材の協力から(管理者の独り言)

最近、SOHO在宅ワーカーを対象として、仕事の請け方や報酬についての取材が目立ってきた。

よく雑誌にも、年収1000万円、不動産投資、SOHO独立、週末起業、アフェリエイトで月収30万円。
いろんな言葉が氾濫している。

ジョブチャンネル(旧Sohoo!JAPAN)は、SOHO、在宅ワーカー向けにお仕事を配信して5年になる。

取材を受けるたびに、これからも、SOHOの方に良質なお仕事情報やSOHOライフをサポートしていきたいと改めて思った。

SOHOのみなさん、GWの谷間ですが、お仕事楽しみましょう。

※何か、ジョブチャンネルにリクエストあれば、コメントいただければ幸いです。

ポストイットをビリっと・・

おまじないというより、小さな完了を積み重ねて、自分のバランスを保つという意味合いで、オススメします。

1.寝る前や仕事が終わったときに、新しいポストイットを取り出します。

2.明日の日付を書きます。

3.明日やることを書きます。

4.それを手帳やPCに張っておきます。

※この間は、ぐっすり寝ましょうー。

5.翌朝、ポストイットを眺めます。

6.ポストイットに書いてあることが終わったら、ペンで消します。

7.その日の仕事が終わったら、再度ポストイット(今日のTODO)を見直します。
  今日5/1は、3つのTODOでしたが、2つだけ完了。

8.すべてできていなくても、ポストイットを破ります。
(ビリっと:心の中で、いい音だねー。と呟くことがポイントです。)

9.また、1からはじまります。

小さな完了は、大きな安心感の源です。
TODOは、3~5位にとどめましょう。
どうやって、3つにいれるか?を考えると仕事の優先順位がはっきりします。
そのうち一つは、今回の散歩のように、すぐにできるTODOを入れておくのもポイントです。
ひとつも消せないとちょっとさびしいですから・・・

一日を完了させるためにも、ビリっと、破きましょう。

この音が、あなたのSOHOライフでの手助けになれば幸いです。