パソコンによる目の乾き

自分ブランドを向上させる上で、どのような環境で仕事をするか?
というのも、大事なことである。

そのパーソナルファンデーションの一つとして、自分の健康をどうやって維持するか?
といことに注意を払いたいものだ。

パソコンを使うSOHOの方は、目の疲れを感じたことがあると思います。

一つの症例として、
集中するとまばたきの回数が減る。
そして、目が乾く。
表面の角膜が傷つき、ドライアイになるという。

私のビジネスパートナーもドライアイと診断された。

お忙しいSOHOさんに、一度は試しに使っていただきたいツールがある。
それは、ドライアイの自己診断チェックツールである。

2つのチェック方法であなたのドライアイ度がすぐにわかるそうだ。

1.クイックチェック
2.ウルトラチェック

この診断の結果、私は、ドライアイの可能性が低いとでました。

目を乾かないようにするために、私は次のことに気をつけている。

1.1時間に一度は、休憩する。(PCから離れる)
2.座高の高さを調節し、目線が下になるようにパソコン画面の位置を調節する。
  つまり、視線を落とすと、目の表面の露出が減る。
3.風を調節する。
  学生時代、パンダ焼けを防ぐため、スキーをやっている時はゴーグルやサングラス
  をしないでスキーをしていた。目が乾く。
  スモールオフィスでも風には気をつけたい。

SOHOは、体が資本である。
自分が休むとお金も稼げない。
だから、身の回りの環境には気を配りたいものである。

参考サイト
日本眼科医会
HELP-DRYEYE.COM
スマイル眼科(横浜市)

カテゴリー未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です