システムは、動いて当たり前!②

スポンサーリンク

前回の続きです。

自動改札での出来事を目の当たりにして、作っている人のことを考えました。

丁度、プロジェクトXもしくは、何かのTVでJRの自動改札を作った男たちの特集を見たのだと思います。
(昔のことで、記憶が定かでありません・・・)

何度も思考錯誤を繰り広げながら、作り上げた結晶が、このシステム。

『これでは、システムを作った人が浮かばれない!』
当時は、これしか思わなかった。

今の私は、こう考える。
新人SEのときに感じたのは、これは、作り手の話である。

使い手としては、なんで!と思うのは自然である。

ここに、システムの面白さがあると思う。

使う方は、感謝を忘れる。
当たり前になる。

だが、人を感動させる仕組みを作りたい!と思うエンジニアがいる。

私もこの世界に生きていることを誇りに思うと同時に、仕組みを提供することで、たくさんの笑顔を見たい!と改めて思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です