新しい知識をインストールする。

正月気分がようやく抜けたこところではないでしょうか?

新しい知識をインストールするのに、一番安上がりなのが読書である。

ただ、私の場合、自分が買う本には偏りがある。

小説:ビジネス書=1:9
また、ビジネス書でも、偏りがある。

ある程度のバランスが保っていたほうが、SOHOで仕事をする上でも大切だと思う。

理由は、3つ。(これも私個人の場合です。)
1.仕事場でこもって仕事をして、人と接する時間が少ない。
  これによって、人から得られる情報が少なくなる。
2.お客さんとの会話のネタになる。
3.本の内容に刺激され、文章化されたアイディアが自分の頭に浮かぶ。

ただ、私はそんなに本を読めない。
そんなときには、このメルマガ(ブログ)である。

このメルマガ(blog)は、アマゾン元バイヤー、土井英司氏による厳選ビジネス書評メルマガである。

本日、紹介されたいたのが、 『30歳からの成長戦略』 である。

 
—————————————–
◆土井氏の書評からの抜粋
—————————————–
本日の一冊は、『40歳からの仕事術』で好評を博した、A.T.カーニーのヴァイス・プレジデント、山本真司さんによる新刊です。

「二十~三十代は全く対象にしていなかった」という前著に、40歳未満の若手からの問い合わせが殺到したため生まれた、30代のためのキャリア戦略本です。

MBAホルダーの書くキャリア戦略本と言えば、通常は企業のための戦略立案のフレームワークをそのまま個人に当てはめたようなものが多いのですが、本書の特徴は、人間の欲やモチベーションといった視点を盛り込むことで、右脳と左脳、両方で納得できる内容に仕上がっていることです。
—————————————–

本の中にこのようなことが書いてあるそうだ。
(※書籍から抜粋)
—————————————–
■偉い若手の戦略
大衆化するものを必死で学んでもしようがないと腹をくくって、徹底的に効率的にこなしてしまう。さらに、浮いた資源をまだ手垢がついていないイノベーションのネタがありそうな分野に投資する。

自分の成長投資する分野を選べ。
選び方は(人気の無いもの)×(好きなこと)が原則
—————————————–

SOHOだからこそ、戦略的に行きたいものだ。
理由は簡単。
一流ビジネスマンだけが戦略を使うのでない。

くわしくは、土井氏のメルマガをごらんください。

早速、私もアマゾンで購入しました。

100%の美学は古い?

日経新聞12月27日の全面広告で東洋大学の白石真澄助教授が雇用環境についての提言をしている。

日本では「今の仕事に百パーセント全力投球」という美学が当然視されているが、今後は今の仕事を直視しつつも意識的に視野を広げ、次の一歩をどこに踏み出すかを常に考えておくことが大切だ。

自分の持ちうるエネルギーの2割ぐらいは次のステップに向けた人脈づくりや情報収集、能力開発にあてたい。

仕事の手を抜くと意味ではなく、8割の中で最大限の効率化を図り、残る時間とエネルギーで自分に対する”投資”を行う。

SOHOの場合も、出会う人が限られてくると感じる方が多いのではないだろうか?
仕事が忙しくなると、この仕事量を80%のエネルギーで同じ成果を生むにはどうすればよいかを考える。

人に任せてみたらどうなるだろうか?
自分の効率を高める場所はないかを探す。そして改善する。

20%の時間とエネルギーで自分に投資して、新しい可能性を模索していると、あなたのようにエネルギーの高い方と出会うでしょう。

そんな方とWIN-WINの関係になりやすいと思います。

これが、SOHOとして稼ぎながら、楽しく仕事がでる仕組みの一つである。

オフは自分でつくるもの。

山形は雪。正月っぽい。

東京でのSOHO生活ではなく、山形でのお正月。
つまり、オフ。

テレビをみていると、ゴルフの丸山茂樹プロと横峯さくらプロが出ていた。

横峯さくらプロが、丸山重樹プロに質問をしていた。

「オフのすごし方はどうすればよいか?」

丸ちゃんがこんな感じのことを言っていた。
「オフは、自分でつくるもの。
オフだから休むのでもなく、また、急に体作りをするのではなく、
年間コンスタントにプレーできるようにコツコツ練習をする。」

これは、私達SOHOにも同じことが言えます。

仕事と休みのONとOFFは必要です。休むなというのではありません。
オフをつくるというのは、オンをつくれる。ということです。
オンをつくるには、仕事を大切にして、コツコツと積み重ねることが重要です。

目標を達成するために行う仕事をゆっくりでもいいので、大切に行いたいものです。

やはり、自分がしたことで、お客さんが喜び、幸せになって欲しいものです。

初売り

私は、東京でネットの仕事もしているが、実は山形でリアル店舗の仕事もしている。

するというより、私の会社(本社:山形県上山市)は、小売業である。

元旦は、いつも5時起床。
6時には、朝食を食べて、7時に出社。
7時30分から、お店で社員やパートさんと一緒に年始の朝礼。挨拶。
すでにお店の前には、30名以上の方が並んでいる。

7時40分に福袋の整理券を配布。
と、同時にお店を開店。

初売りは、お店ではとても大事です。
それは・・・

初売りとは、昨年のお店に対するお客様の評価と考えています。

初売りは、今年を占うのではなく、昨年の評価を受ける売り出しです。

おかげさまで福袋は、完売しました。

今年も、お客さんをサポートするサービスを企画・運営することを第一に、楽しく仕事をしていこうと思っています。

今日の朝も東北地方は、地震がありましたね。
災害のない年になってほしいです。

今年も宜しくお願いします。