SOHO人材DBに登録してお仕事を受注するまで

スポンサーリンク

SOHO人材データベースとは、ジョブチャンネルに登録されたSOHO・在宅勤務者・副業者の人材データベースです。

お仕事を依頼したい企業は、カテゴリ、もしくは検索条件を絞ってSOHO・在宅勤務者・副業者の中で仕事を依頼したい人材を探して、メールフォーム等で仕事の依頼をする。

よくあるSOHOさんの質問で、依頼してきた企業と仕事をしていいのか?というものである。

チェックしたいポイントは、5つ。
1.メールアドレス(独自ドメインなのか?)
2.会社のURL等
3.yahooやgoogleでその会社を調べてみる。
4.自分がSOHO人材DBに登録している内容と依頼案件が一致しているか?
5.依頼の文章力

どんな会社であるかを知る必要がある。
URLやメールアドレスは、インターネットの住所に等しい。
独自ドメインであれば、登録した人や所有者もわかるので、企業の手がかりになる。

また、企業名をgoogleで調べてみる必要もあるだろう。

なぜ、その企業が私に依頼してきたかを考える。
そこで、4が大事になる。闇雲にDM代わりに送ってくる輩かもしれないし、自分が登録した内容を吟味して仕事を依頼している方かもしれない。

メールで依頼してきた担当者が、仕事をするときの窓口になるので、依頼してきた人のコミュニケーション能力も重要になる。

せっかく、金額納期ともいい条件の仕事でも、担当者がコミュニケーション能力が低いために、SOHOの人に負荷がかかる場合がある。
また、下請けだろうーというモノの言い方をする人もコミュニケーション能力が低いと同じである。

その場合は、断るという選択肢も用意しおく必要があります。

選択は、SOHOであるあなたがするものですから。

※SOHO人材DBは、情報を更新すると掲載順番がTOPになります。掲載変更はここから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です