コミュニケーション能力

メラビアンの法則(アメリカの心理学者 アルバート・メラビアン)をご存知でしょうか?

名前を知らなくても、これって、知っている人が多いと思います。

人に伝わるのは、

話すの内容(言葉)が7%
表情・服装・姿勢など視覚情報が55%
声のトーンや大きさ・話し方などの聴覚情報が38%

ノンバーバル(非言語的な要素)が93%なんです。

「相手に伝わったことが、相手に伝えたこと」

これは、以前コミュニケーションの先生に教えていただいたことです。

つまり、自分が伝えたつもりでも、相手が理解できなければ、伝わっていないことと同じである。
さらに、伝えたつもりになって、仕事を進めたらたいへんですよね。

SOHOが営業にっているときでもそうですが、話している内容がすばらしくても、どこか自信がなかったりするとダメなんですね。

何を印象付けるのか?を相手と打合せをする前に、決めておくことをお薦めします。

僕の場合は、
今日のプレゼンは、楽しさを伝えよう!などと思います。
それには、どうするか?と手段を考えます。

さらに、どこまで伝わっているかを確認することも必要です。

業務だけをするのもいいですが、ちゃんと時間を割いて、相手への伝達方法(コミュニケーションスキル)について学ぶことが大切だと思います。

私は、呪文のように言っています。
「相手に伝わったことが、相手に伝えたこと」

ゲームのように、今日は、4/10は伝わった。という感じでやっています。これでもイチロー選手の打率よりいいんですよ。

カテゴリー未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です